リモートワーク環境を快適にするために揃えたもの3点!肩こり・腰痛対策や作業効率アップ対策も

リモートワーク環境を快適にするために揃えたもの3点

みなさんこんにちは。

フリーランスや在宅勤務などリモートワーカーの方は自宅で長時間パソコンに向かい合って仕事をしている人がほとんどだと思います。

また、リモートワークだと普段と違う環境で腰痛や肩こりがひどくなったり、作業効率が上がらず悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

僕自身今年の4月からフリーランスとして各地を点々としながらフルリモートで仕事をしていたため、それらの悩みと戦っていました。

体に合わない机や椅子を使っていると腰痛や首こり、肩こりに悩まされますし、気分転換に近くのカフェで作業したい時もあると思いますが、ノートPC一台だけだと、なかなか作業効率も上がりません。

そこで今回は、在宅ワークを快適にするために揃えたグッズを目的別に紹介したいと思います。

首・肩・腰痛対策に便利なグッズを揃えましょう

高さが自由に調整できるデスク

高さが自由に調整できるでデスク
Amazon.co.jpより出典

在宅ワークでもノートPCを利用している方は多いと思いますが、モニタを覗き込んだ体制で長時間作業していると首か肩・腰が痛くなりますよね。

ノートPCの下に雑誌や箱を置いたりして、苦肉の策で高さを調整していましたが、細かく高さを調整できると自分の身長にあわせてモニタを目線の高さに合わせられるのでおすすめです。

また腰が痛い時には、高さを最大にすれば、立って仕事ができるので、疲れの状態に体制を変えられるのは、首・肩・腰痛対策にとても有効です。

パーツが重いので組み立ては多少大変ですが、ドライバーや六角レンチが付属されているので、1時間もあれば一人で組み立てられます。

僕が実際に購入したアイテムはこちらです↓。

高さ調節可能なノートパソコンスタンドとワイヤレスキーボートを使えばさらに効果的

高さ調節可能なノートパソコンスタンドとワイヤレスキーボートを使えばさらに効果的

高さを調整できるデスクを買い換えるのはハードルが高いと言う人でも、高さを調整できるノートパソコンスタンドとBluetoothで接続できるワイヤレスキーボードのセットがおすすめです。

ノートパソコンスタンドはPC本体のモニタの高さを目線の調整でき、よい姿勢をキープできます。

ただノートPC本体を高い位置に置くことになり、キーボードが打ちにくくなるので、ワイヤレスのキーボードとセットで使用するのが良いでしょう。

僕が購入したノートパソコンスタンドはAmazonで3,000円くらいでしたし、ワイヤレスキーボードは2,000円程度でしたので、手頃な価格で揃えることができます。

上で紹介した高さ調整可能なデスクとセットで使用すると最強ですが、まずはノートパソコンスタンドとワイヤレスキーボードだけ揃えてみるのも良いと思います。

僕が実際に購入したアイテムはこちらです↓。

MacbookユーザーならiPadを活用すべし!ワイヤレスで2画面に

MacbookユーザーならiPadを活用してワイヤレスで2画面に

ノートパソコン一台で作業をしていると1つ画面の中で、エクセルなどのソフトや、PDFなどの資料、Webページの画面などいちいち切り替えなければいけないのは不便ですよね。

コロナ禍の中で在宅ワークが広がり自宅に2画面用のディスプレイモニタを購入した人も多いのではないでしょうか?

もしあなたがMacbookユーザーならiPadを2つ目の画面として活用することオススメします。

MacbookとiPadはSidecarという機能を使ってワイヤレスで接続し、iPadを2台目のディスプレイとして使うことができるからです。

さらにワイヤレスで接続するのでVGAやHDMIケーブルでデスク周りがごちゃごちゃする心配もありません。

2画面で作業をすると、WebサイトやPDFなど情報をインプットする画面と、パワーポイントやエクセル、テキスト入力など情報をインプットする画面を同時に開けるので、作業効率が格段にアップすることは言うまでもありませんね。

僕が実際に購入したアイテムはこちらです↓。

ただWindowsのノートパソコンを使っている人や、iPadが高くてモニターとして購入するに躊躇てしまう人もいるかと思います。

そのような方でも今はUSB-Cケーブルで接続するタイプのモバイルモニターが2〜30,000円前後でも購入できるのでおすすめです。

ワイヤレスというわけには行きませんが、軽量で持ち運びができるモバイルモニターを持っているだけで、仕事環境の変化にも柔軟に適応できるので決して損はないと思います。

仕事道具をポータブルなもので揃えれば自宅だけではなく世界中をオフィスにできる

コロナ禍の中で、人々の仕事スタイルは大きく変化しました。

会社員の方はリモートワークやワーケーションなどオフィス以外の場所でこれまで通りパソコン作業を行うようになり、中にはコロナをきっかけに僕のようにフリーランサーとして働き始めた人もいると思います。

そして今後ますます働く場所にとらわれない働き方はへのシフトが加速していくでしょう。

そのような環境変化に柔軟に対応していくには、パソコンも2画面用ディスプレイも、高さ調整のためのスタンドもすべて持ちはこびやすいアイテムを揃えるのが良いと思います。

自宅などベースとなる拠点の仕事環境整備はもちろんですが、原則持ち運びやすいもので全ての仕事道具を揃えておくことで、気分転換でカフェやコワーキングスペースを利用する時にもとても便利ですし、ワーケーションで海辺や避暑地に移動して自然を楽しみにながらも仕事の効率は落とさないといったことも可能になります。

僕は現在フリーランスとして実家を拠点にしていますがその前はベトナムで数ヶ月間コワーキングスペースを点々としながらノートパソコン1台のみで仕事に臨んでいました。

その際に首や肩、腰を痛め、さらにはなかなか作業効率が上がらず結構悩みました。

今日本に帰国して上記で紹介したアイテムをひととおり揃えたことで、格段に仕事環境も体調も改善しました。

そして今後また、海外に移住しフリーランスの仕事を続けようと思っているので、今揃えた仕事道具はそのまま使うことができます。

まとめ

今回は、僕自身が悩んだ体験をもとにリモートワークを快適にするために揃えたグッズを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

僕と同じような悩みを抱えている方は、ぜひ今回ご紹介したグッズを試してみると良いと思います。

この記事が皆様のお役にたてると幸いです。

元ベトナム在住のフリーランサー。石川県出身。 約10年東京にある複数の事業会社でWeb制作やデジタルマーケティングの仕事に携わり2018年ベトナムに移住。ホーチミンの日系企業にてWeb制作やデジタルマーケティングおよびプロモーション戦略コンサルティングに約3年間従事した後に独立。 現在はこのブログで海外で働くこと・海外移住、副業、フリーランス、スキルアップ、マーケティングの事など役立つ情報を発信。 デジタルマーケティングやWeb制作分野で個人から企業まで集客サポートを行なっています。

シェアする