1杯100円以下も!?ジョージアで激安で生ビールが飲める名店3選

1-3キンキンに冷えたグラスに注がれるビール

こんにちは。3度の飯より生ビールが大好き、ジョージアで移住体験中のあっくんです。

「ジョージアではワインが激安なのは知っているが、ビールに関しては知らない」
「ワインも好きだけど、どちらかといえばビール派」

そんなあなたに伝えたい。

実はジョージアではワインだけではなく激安で美味しい生ビールを飲むことができるんです。

知っていましたか?

この記事ではジョージアの首都トビリシで”激安”で”激ウマ”な生ビールを飲めるお店3選をご紹介。

無類の生ビール好きの筆者が実際に訪れ各店舗の雰囲気や特長、価格帯、フードについてレポートしています。

この記事をお読みいただければ、ジョージア生活の楽しみがまた1つ増えること間違いなしです。

ぜひ最後までご覧ください。

こだわりの生ビールが飲める「ササディーロ」

まずご紹介するのは、ステーションスクエア駅から徒歩5分の場所にある立ち飲みスタイルのビール専門店「ササディーロ」。

すでに1ヶ月で10回以上通っているイチオシ店です。

イチオシポイント

イチオシポイントは「キンキンに冷えたグラスでの新鮮な生ビール」。

お代わりするたびにキンキンに冷えたグラスに交換してくれます。

サーバー清掃が行き届いているせいか苦味が少なく、ビールがあまり得意ではないという人でも「あ、飲みやすい!」という感想が出るくらいです。

マジでここのビールは最高です。

価格

生ビール1杯でたった3.0GEL(約135円)と激安。日本の4分の1以下の価格で飲むことができます。

4杯飲んでも500円ちょっと。1杯500ml程度なので500円で2リットルの生ビールはビール好きには魅力的でしょう。

さらに嬉しい点は支払いがカードにも対応している点です。

雰囲気

元々古着屋さんだったお店を改装したこともあり、シンプルな作りの店内。店内はきちんと清掃されており清潔感があります。

ビール好きな若者3人で始めたお店で、にこやかに接客してくれます。客層は地元のおっちゃんが多めですが、清潔感があるので女性もたまに見かけます。

立ち飲みなので1人でも入りやすいのも嬉しいです。

メニュー

ビール以外にも紅茶、レモネードといったソフトドリンクがあります。

フードメニューはソーセージやダンプリングという餃子のような食べ物があります。

私のおすすめはソーセージです。プリプリ、アツアツのソーセージはビールに最高に合いますよ。

詳細情報

営業時間:12:00~20:00

料金:ビール3.0GEL(約135円),  ソーセージ9.0GEL(約405円)

支払い:カード or 現金

英語対応:OK

URL: https://www.facebook.com/sasadilonomeri10

住所:Tevdore Mgvdeli st. 10 0112 

地図:

ローカル市場内の名もなきビアバー

続いて紹介するのは、ササディーロから徒歩圏内、ステーションスクエア駅の西側に広がるローカル市場の中にある立ち飲みスタイルの名もなきビアバーです。

イチオシポイント

こちらのお店のイチオシポイントは「ローカル感満載のディープな雰囲気」。迷路のような市場に入っていくと突如として現れる酒場の空間、まるでゲームの世界に来たかのようなディープな雰囲気を味わうことができます。

価格

生ビール1杯たったの2GEL(約90円)と激安。とにかく安いです。

プラスチックコップでの提供ではあるもののキンキンに冷えた新鮮な生ビールをいただくことができます。

100円以下で美味しい生ビールを飲めるなんて、お財布を気にすることなくガンガン飲むことができますよね。

雰囲気

2-3名もなき立ち飲み屋で飲んでる風景

市場の中にあるだけあってローカル感満載。地元感満載のおばちゃん一人で切り盛りしており、客層は地元のおっちゃん、お兄さんが多め。

お客さん含めて英語があまり通じないのは不便ですが、それも異国の地でのディープさを味わえていいもの。私が訪れた際は英語が通じないおっちゃんと乾杯をして仲良くなりました。

トイレはないので、サクッと引っ掛けるくらいにしておくのがオススメです。

メニュー

飲み物はビールのみ。フードに関してもメニュー表はなく、店主のおばちゃんが作っている料理を適宜オーダーできる模様。

私が訪れた際はゆで卵を頼んでいる地元のおっちゃんがいたので、ジェスチャーでなんとか注文できました。英語が通じないことを楽しんでフードメニューをオーダーしてみてみるのも貴重な経験です。

2-4名もなき立ち飲み屋で食べたゆで卵

詳細情報

営業時間:昼~日暮れ頃まで

料金:ビール 2.0GEL(約90円), ゆで卵1個 0.8GEL(約36円)

支払い:現金のみ

英語対応:NG

住所:8 გიორგი ცაბაძის ქუჩა, Tbilisi
(Bohemia Tbilisiの右側の市場入り口からアクセスがおすすめ)

地図:

ジョージア料理も楽しめる「Veliaminov」

3番目は場所を変えてリバティスクエア駅から徒歩5分、フリーダムスクエアの南にある大衆向けレストランのVeliaminovです。

イチオシポイント

こちらのお店のイチオシポイントは「ジョージア料理も一緒に楽しめる」点です。

先のご紹介した2つのお店はビアバー的な要素が強いのですが、こちらはレストランということもあり、お腹を満たしながらお酒を飲むことができます。    

価格

生ビール1杯は2.5GEL(約113円)と立ち飲み並の破格の安さ。この値段設定にも書かわわず、着席スタイル、かつビールジョッキで生ビールをいただくことができます。

ビールの味自体はビール専門店の上の2軒よりは劣るものの、店内を見渡すとほとんどの人が生ビールを頼んでいることから、破格の生ビール目当てで来店している人が多そうです。

雰囲気

3-3店内の様子

半地下の店内はまるで洞窟の中にいるような雰囲気。異国の地のレストランを訪れた感満載です。

客層は大衆向けレストランだけあって店内は地元のお客さんばかりで、若者グループから1人のおっちゃんまで幅広い客層の地元民が生ビールとジョージア料理を楽しんでいます。

メニューは英語メニューありで店員さんには英語でスムーズにオーダーすることができます。

メニュー

レストランだけあって、ビール以外にもワインやレモネードなどのソフトドリンクなど種類は多いです。

フードメニューはヒンカリ1.2GEL(約54円)、シュクメルリ20GEL(約900円)、オジャクリ15GEL(約675円)と一般的なジョージア料理をオーダーすることができます。

ただし、シュクメルリは大皿できたり、ヒンカリは10個以上からのオーダーのようなので1人で行く際は頼みすぎないように注意が必要です。

詳細情報

営業時間:10:00~22:30

料金:ビール 2.5GEL(約113円), オジャクリ15GEL(約675円)

支払い:カード or 現金

英語対応:OK

住所:8 Shalva Dadiani St, Tbilisi

地図:

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はジョージアの首都トビリシで”激安”で”激ウマ”な生ビールを飲めるお店3選をご紹介しました。

ジョージアといえばワインというイメージですが、地元の人はビール好きな方も多く、安価で生ビールが飲めるお店も多くあります。

ビール好きな方にとって安価に美味しい生ビールを飲めるジョージアは天国です。

お酒天国のジョージアでお気に入りの生ビールが飲めるお店を探してみてはいかがしょうか?

2021年に7カ国の海外リモートワーク推進も時差問題で退職した元”自動車設計エンジニア”。コロナ禍のメキシコでジョージア在住の日本人と出会い、開国タイミングでジョージアへ。ジョージアの酒に惚れる。現在は世界を旅しながら登録者1万人規模のYouTubeチャンネル運営やコンサル実施中。Twitterで格安航空券情報発信中。

シェアする