ホーチミンのコワーキングスペースToong(トゥーン)を使ってみた感想

最終更新日

ベトナムのコワーキングスペースToong: Ngyen Thi Minh Khai

みなさん、こんにちは。

今回は、僕が最近利用しているホーチミンのコワーキングスペースToong(トゥーン)について紹介したいと思います。

この記事はこんな方におすすめです。

  • ベトナムでライター翻訳などの副業している人
  • 週末にゆっくり勉強したい人
  • ベトナム進出したてで固定のオフィスを持っていない人
  • 短期滞在のノマドワーカー

このような人は、隙間時間にゆっくりできるカフェを利用していることも多いと思いますが、ベトナムのカフェだと以下のようなデメリットがあるので、長時間滞在したい時や集中したい時などは慎重に場所を選ぶ必要があります。

  • 席を立つ時、荷物の盗難が心配
  • 周囲がうるさい
  • 長時間いると飲み物代がかさむ

一方で、コワーキングスペースなら、下記のようにカフェのデメリットをちょうどよくカバーしてくれる面もあります。

  • 不特定の人が出入りしないので比較的セキュア
  • 周りはみんな仕事をしているので基本的には静か
  • 水やコーヒー、紅茶が飲み放題
  • 個人利用でもOKな所がたくさんある

そんなこともあり最近僕がよく使っているのが、ベトナムに複数の拠点を展開するコワーキングスペース「Toong(トゥーン)」です。

今回は、ベトナムの「Toong(トゥーン)」を実際使って感じた感想をレビュー記事としてまとめていきます。

コワーキングスペース Toong(トゥーン)とは?

Toongは2015年に設立されたベトナム地場の企業で、コワーキングスペースの大手です。

現在はベトナム全土に19拠点も展開しています。特にホーチミンに多いですね。

  • ハノイ 5拠点
  • ダナン 2拠点
  • ニャチャン 1拠点
  • ホーチミン 11拠点

さらには、ラオスのヴィエンチャン、カンボジアのプノンペンにも進出しています。

僕はホーチミン在住なのでホーチミンのToongを3箇所くらい巡っていますが、ハノイやダナン、ニャチャンにも拠点があるので、お近くにお住まいの方はぜひ行ってみてください。

詳しい各オフィスの住所は公式Webサイトでご確認ください。
Toong公式Webサイト

Toongの価格

Toongを利用したいときは、どこでも良いので自分が使ってみたいToongのオフィスに直接行き、入り口の受付カウンターで利用したい旨を伝えます。

1日券、 3日券、1ヶ月券が選べるので、定期的に使いたい場合や、スポットで使いたい場合などシーンに応じて使い分けができるので自分に合ったチケットを選びましょう。

  • 1日券:150,000VND (約750円) 
  • 3日券:220,000VND (約1,100円)
  • 1ヶ月券:1,900,000VND〜 (約9,500円〜)

初めて利用する拠点は、初回お試しとして1日無料で使わせてくれることもあるので、最初に受付でしっかり「初回利用」であることを伝えましょう。

また、3日券や1ヶ月チケットを購入すると、Toongのオフィスをどこでも自由に使うことができます。1ヶ月利用の場合、複数のオフィスを同時利用できるチケットは2,400,000VND(約12,000円)になります。

3日券の場合は、1日あたり73,000VND(約365円)で利用できるのでお得ですね。

料金表の画像を貼っておくので参考にしてみてください。

ベトナムのコワーキングスペースToong(トゥーン)の料金表
Toong(トゥーン)の料金表

実際に使ってみた感想

Wifiは比較的安定しているので、オンライン会議などを行うにもちょうど良いです。上り下りそれぞれ50Mbpsくらいは出ています。ただWinksホテル(Nguyen Binh Khiem)のToongはWifiが弱かったので、拠点ごとにばらつきがあるかもしれませんね。

Toongの回線速度 (Pham Ngoc Thachオフィス)

オンライン会議をこれまで何度も行っていますが、回線の問題が起きたことはほとんどありません。

ただやっぱりベトナムなので、時々謎の停電が発生することがあります。

そのあたりはまあしょうがない気もするので、ちょっとした我慢が必要かなと思います。

また、ある程度限られた人しかいないのと、周りの人も集中して仕事をしているので、どこのオフィスに行っても基本的には静かです。

少しざわざわしている時もありますが、カフェと比べると圧倒的に静かなので、集中して仕事や勉強をするのに向いています。

営業時間は以下のような感じです。

  • 平日:09:00〜20:00
  • 土曜:09:00〜17:00
  • 日曜・祝日: 休み
    ※WinksホテルのToongは24時間営業のようですが、まだ昼間しか使ったことがありません。

個人的には、仕事終わりにさくっと仕事する場合や、日曜日はノマドカフェを利用した方が良いと思いますが、平日や土曜日にゆっくり集中したい時はToongはおすすめです。

僕は普段220,000VNDの3日券を利用して、オンライン会議がある日や集中して作業したい日だけToongに行くようにしています。

他のコワーキングスペースは大抵1日利用で150,000VND (約750円) が相場で、その次のプランが1ヶ月契約になるケースが多いです。

ですので、3日券を購入して1日あたり73,000VND(約365円)で利用できるToongはとても魅力的に感じています。

まとめ

今回は、ベトナムのコワーキングスペース「Toong(トゥーン)」を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

本業の仕事で使う機会がなくても勉強や副業で利用するのもおすすめなので、気になる方はぜひ使ってみてください。

別記事で、2021年5月にホーチミン3区にオープンした「文具カフェ Bungu Cafe by PLUS」のレビュー記事も書いています。週末や隙間時間にノマドカフェとして活用しやすいかという視点で書いているので参考にしてみてください。

ベトナム在住4年目。石川県出身。 約10年東京にある複数の事業会社でWeb制作やデジタルマーケティングの仕事に携わり2018年ベトナムに移住。ホーチミンの日系企業にてWeb制作やデジタルマーケティングおよびプロモーション戦略コンサルティングに約3年間従事した後に独立。 現在海外で働くこと・海外移住、副業、フリーランス、スキルアップ、マーケティングの事など役立つ情報を発信しております。

シェアする