ベトナムで英会話・英語を学ぶ方法(おすすめ4選)

ベトナムで英会話・英語を学ぶ4つの方法

みなさんこんにちは。

突然ベトナムへの駐在が決まった方や、初めての海外転職で英語力が十分でないままベトナムで働き始める人は、少なくありません。

一方でベトナムの日系企業でもベトナム人スタッフとのコミュニケーションは基本は英語がベースになりますし、同じ会社に欧米人やその他の国の方も在籍している場合もあり、英語を使うシーンはたくさんあります。

日本語ができる通訳スタッフが社内にいるケースもありますが、100%英語を使わずに仕事や生活をしていくのは、出来ることにかなり制約が増え、大きな機会損失に繋がってしまいます。

ですので、ベトナムに移住してからしっかり時間をとって英会話に取り組んでいる日本人の方は実際に多いです。

そこで今回はベトナムにこれから赴任する方、ベトナムに来て間もない方向けに、ベトナムで英会話や英語を学ぶ方法を4つ紹介したいと思います。

自分の生活リズムや金銭状況に合った、最適な学習方法がみつかると幸いです。

*以下は僕が居住しているホーチミンの情報がメインとなります。

近くの英会話スクールに通う

●ブリリアント英会話
http://brilliant-vn.com/

【ブリリアント英会話の特徴】
・日系の英会話スクールのため申込やサポートなどは全て日本語でOK
・フィリピン人講師とマンツーマンレッスンを受けられる。
・チケット前購入制なので、隙間時間などを利用して好きな時にレッスンを受けられる。ただし週末はすぐに予約でいっぱいになってしまい、なかなか通えないこともある。
・予約やキャンセルが専用の管理画面からすべてオンラインで完結できる。(日本語対応)
・1コマ50分1,900〜2,500円くらい。
・チケットの有効期限が2年間のため、途中で挫折したり急な帰任命令などがあると残りチケットが消滅してしまう。

●KTDC
https://ktdcgroup.vn/

【KTDCの特徴】
・IELTSトレーニングに重点を置いた英語スクール。
・講師はアメリカ人やイギリス人などネイティブの講師が中心。
・英語のレベルに応じたコース選択が可能。
・1時間あたり1,000円強の価格帯で、コストメリットが高い。
・クラスは曜日固定(例:1コマ90分x週3回)

曜日が固定なので忙しい方で、終業後の予定が不規則な方には難しいかもしれません。

●ILA
https://ila.edu.vn/tieng-anh-giao-tiep-english-adults

【ILAの特徴】
・校舎が町中にある(ホーチミンだけでも15拠点以上 *2021年4月現在)
・初心者から上級者まで広くコースが別れているので、英語が苦手な方でも始めやすい。
・クラスは曜日固定(例:1コマ120分x週2回)

英語の家庭教師をつける

個人で英会話レッスンを行っている家庭教師をつけるのも良い方法の1つだと思います。

●ホーチミン掲示板
https://kaigai-bbs.com/vnm/sgn/thread/lesson/view/186871/

こちらの海外掲示板などを見ると、英会話レッスンの生徒さんを募集する内容の投稿も掲載されていいます。

「英語にはまだ自信がないのでまずは日本人から教わる方が安心」という方は一度連絡してみてるのも良いかもしれませんね。

レッスン価格は個人毎に設定しているので、各先生に個別に確認する必要があります。掲示板などにレッスン料を載せている方もいるので参考にしていただければと思います。

言語交流のコミュニティに参加する

ベトナムには、無料で参加できるLanguage Exchange(言語交換)というコミュニティが存在します。

定期的にカフェなどに大勢集まって、コミュニケーションしたい言語毎にテーブルを分ける形で交流会が開かれます。

英語のみでなく、ベトナム語や日本語、フランス語やドイツ語、韓国語までさまざまな言語に触れる機会があるのでとても面白いと思います。

イベントは定期的に開催されFacebookグループで参加者を募集をしているので、興味のある方は一度参加してと良いでしょう。

ホーチミンではBlaBla Saigonというコミュニティが有名だそうなので紹介しておきます。

●BlaBla Saigon
https://www.facebook.com/BlaBlaSaigon

オンライン英会話のサービスを利用する

ここまで様々な勉強手法を挙げてきましたが、正直、個人的には日本で提供しているオンライン英会話が一番良いかなと思っています。

その理由は以下の4つです。

・移動することなくPCやスマホがあれば自宅ですぐに参加できる。
・日本のサービスなので始めるのも簡単で、クレジットカードで簡単に決済ができる。
・毎月5,000-6,000円程度のコストしかかからず、しかも辞めたい時にすぐにやめられる。
・いろいろな国籍の講師がいるため、各地域のクセなども含めて汎用的なヒアリング力が身に付く。

僕もベトナムに移住はじめた当時は日系の英会話スクールに通っていましたが、スクールまでの移動にかかる時間がもったなくなったり、週末に予約が取りにくいこともあり、最終的に10万円分くらいのチケットを未消化のまま捨てて、期限終了となってしまったので、今はオンライン英会話に切り替えて学習しています。

個人的なお勧めは1日に受けられるレッスン回数が無制限のネイティブキャンプです。今僕も利用してますが隙間時間を使って好きな時にレッスンを受けられる点は非常に魅力的だと思います。

その他レアジョブやDMM英会話なども利用している方が多いです。

●ネイティブキャンプ
https://nativecamp.net/

●レアジョブ
https://www.rarejob.com/

●DMM英会話
http://www.dmm.com/pr/eikaiwa/compareaff/

まとめ

今回は、ベトナムで英語学習をする方法の紹介でしたがいかがだったでしょうか?

正直ベトナム転職で求められる英語レベルは、シンガポールやタイ、マレーシア、フィリピンなど他の東南アジア諸国と比べて高くありません。

しかし、最近ではローカルマーケットや近隣の東南アジア諸国に販売先のマーケットを拡大しようとする企業も増えてきており、

求められる英語力は日々上がってきているのが現状です。

そして社内外でアウトプットを行う機会は少なからずあるので、ゆっくりでも継続して英語学習のインプットを行なっていけば、きっと気がついた時には円滑に英語でコミュニケーションが取れるようになっていると思います。

自分に合った英語学習の方法を見つけてベトナムでの生活をより充実させましょう。

ハノイとホーチミンでベトナム語を学べる語学スクールのまとめ記事も書きましたので興味のある方はそちらもご覧ください。
【関連記事】ホーチミン・ハノイでベトナム語が学べる日本人向け語学スクールまとめ

この記事がもし参考になればぜひFacebookやTwitterなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

他にも、ベトナム生活や、ベトナムでの仕事の事、ITやマーケティングのノウハウなどで「こんな事が知りたい」とか、「こんな記事があったらいいな」というものがあればぜひ参考にさせていただきたいのでTwitterやInstagramからDMいただけると嬉しいです。

元ベトナム在住のフリーランサー。石川県出身。 約10年東京にある複数の事業会社でWeb制作やデジタルマーケティングの仕事に携わり2018年ベトナムに移住。ホーチミンの日系企業にてWeb制作やデジタルマーケティングおよびプロモーション戦略コンサルティングに約3年間従事した後に独立。 現在はこのブログで海外で働くこと・海外移住、副業、フリーランス、スキルアップ、マーケティングの事など役立つ情報を発信。 デジタルマーケティングやWeb制作分野で個人から企業まで集客サポートを行なっています。

シェアする