ベトナムでのおうち時間を充実させるフードデリバリーアプリ4選

ベトナム生活に超便利なフードデリバリーアプリ4選

ベトナムもコロナの影響で2021年の5月ごろから各都市で再びソフトロックダウンの状態になりました。

ベトナム渡航が控えている方や、ベトナムに来て間もない方にとっては毎日の食事はどうすればいいんだろう?と不安になりますよね。

でも安心してください。ベトナムには日本のウーバーイーツのような便利なサービスがたくさんあり、しかも激安で注文可能なんです。

ロックダウンが終わった後も、食事に出かけるのが面倒な時もあると思うのでフードデリバリーは必ず役に立つと思います。

そこで今回は、おうち時間を有意義に過ごすためにベトナムで僕が愛用しているフードデリバリーアプリを4つ紹介したいと思います。

Grab food

Grab foodスクリーンショット
対応言語英語・ベトナム語
配達料15,000〜30,000VND程度 (約75〜150円) 
*距離による
支払い方法現金・クレジットカード(デビットカード)・Mocaなど
特徴割引クーポンが豊富

Grabは東南アジア全域で展開する、配車アプリでベトナムではほとんどの日本人が利用していると言っても過言ではありません。

Grabはタクシーのような移動のみではなく、フードデリバリーサービスも行っています。

英語表示にも対応しているので我々日本人でもさほど迷う事なく操作ができますし、もし注文した食事が届かないとか、注文内容がまちがえていた場合もサポートセンターへチャットで問い合わせると返金や不足分の追加デリバリーなども対応してくれます。

普段の移動に使っているアプリの延長でフードデリバリーも頼めるので、僕は最も頻繁に利用しています。

割引キャンペーンも頻繁に行っていて、大体の場合、オーダー金額の25%くらい安く注文できるので、配達料分が割引で相殺され実質タダで運んでもらえ、さらに店内で食事するよりちょっと安くなるような感じです。

ただし、レストランに登録されたメニュー名がベトナム語のみの場合は、ちょっと注文しづらい時があるので、メニュー写真と知っている単語で、頑張って想像する必要があるので、そこだけは少し注意が必要です。

GrabのiPhoneアプリダウンロードはこちら
GrabのAndroidアプリダウンロードはこちら

Now – Food Delivery

Now - Food Deliveryスクリーンショット
対応言語英語・ベトナム語
配達料15,000〜50,000VND程度 (約75〜250円)
*距離による
支払い方法現金・インターネットバンキング
クレジットカード(デビットカード)・Airpayなど
特徴割引クーポンあり(Grab foodほどはない)

NOWもGrab foodと同様に、ベトナムでは大手のフードデリバリーサービスです。

こちらはFoodyという食べログのベトナム版のようなアプリと連動していて、

Foodyがレストラン検索・Nowがフードデリバリーのような位置付けになっています。

NowはGrabほど割引が豊富ではありませんが、注文する際にクーポンコードの欄に「FREESHIP」と手入力すると、週1〜2回くらいまで配送料を無料にしてくれます。ぜひ試してみてください。

AirPayという電子マネーサービスに登録すると、Airpay決済限定の割引が豊富なので、試しに登録してみても良いかもしれません。
(ただしAirpayのWebサイトはベトナム語Onlyなので登録ハードルは高いです…)

また、ベトナムでデビットカードやクレジットカードをまだ作っていない人でも、インターネットバンキングのアカウントで直接決済ができるので、現金だとお釣りの用意がめんどくさいけどクレジットカードも持っていない、という人には便利かもしれませんね。

「Now – Food Delivery」のiPhoneアプリダウンロードはこちら
「Now – Food Delivery」のAndroidアプリダウンロードはこちら

Capichi Delivery

Capichi(キャピチー)スクリーンショット
対応言語日本語・ベトナム語・英語・韓国語
配達料23,000〜65,000VND程度 (約115〜325円)
*距離による
支払い方法現金・クレジットカード(デビットカード)
特徴ギフトコード入力あり
配達と店頭受取を選べる

Capichi (キャピチー)は、2020年に日本人の起業家がローンチした日本語対応のフードデリバリーアプリです。

現在、日本食をはじめとしたレストランの掲載がどんどん増えており、日本人にとっては最も利便性の高いフードデリバリーアプリになってきています。

カードでの支払にも対応していて、Grab foodやNowでは注文できないレストランも乗っているので、日系飲食店の食事をデリバリーしたい人にとってはありがたいサービスだと思います。

逆に、ベトナム料理や他国籍の料理についてはまだあまり登録数が多くないので、気分によってGrab foodやNowと使い分けるのが良いかと思います。

難点としては、少々配送料が高いことと、選べるレストラン数が少ない事でしょうか。

それでも現在ぐいぐいと成長中のサービスなので今後のアップデートを期待しています。

「Capichi (キャピチー)」のデリバリー専用Webサイト
「Capichi (キャピチー)」のiPhoneアプリダウンロードはこちら
「Capichi (キャピチー)」のAndroidアプリダウンロードはこちら

Farmi

Farmiスクリーンショット
対応言語日本語・ベトナム語・英語
配達料30,000VND (約150円)
*300,000VND以上の注文で送料無料
支払い方法現金・クレジットカード(デビットカード)
特徴最低注文金額は250,000VND〜
友人紹介で割引コードがもらえる

Farmiはレストランのフードデリバリーアプリではなく、食材や惣菜・お弁当、飲料、日用品などをデリバリーしてくれるネットスーパー的なアプリです。

こちらは、レストランの食事に飽きた時や、ホームパーティなどの際にとても便利で、野菜や果物、肉、冷凍食品(惣菜等)、酒類などかなり豊富な取り扱いがあり、Farmiに慣れてしまうと、買い物に出かける頻度が確実に減ります。

特に飲料やトイレットペーパーなど持ち運ぶのが大変なものをデリバリーで注文できるのは嬉しいですね。

その他にも、お弁当やリョーユーベーカリーのパンなども一緒に注文ができるので、僕にとってはベトナム生活で欠かせないアプリの1つです。

まとめ

今回は、ベトナムで生活中の日本人にとって欠かせないフードデリバリーアプリをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

日本ではワクチン接種が進みつつありますが、ベトナムのワクチン接種状況を見ると、少なくとも2021年中にあと何回かロックダウンせざるを得ない状況が来ると想像しています。

その中でも新規ベトナムに駐在される方は少なからずいるかと思うので、そんな人たちがベトナム生活のスタートを有意義に切れるように願っています。

また、ベトナム生活では、このような現地のアプリを使う場面は出てきますので、英語とベトナム語は学んでおいて損はないと思います。ベトナム現地で英語やベトナム語を学ぶ方法を別記事でまとめているのでぜひそちらもご覧ください。

元ベトナム在住のフリーランサー。石川県出身。 約10年東京にある複数の事業会社でWeb制作やデジタルマーケティングの仕事に携わり2018年ベトナムに移住。ホーチミンの日系企業にてWeb制作やデジタルマーケティングおよびプロモーション戦略コンサルティングに約3年間従事した後に独立。 現在はこのブログで海外で働くこと・海外移住、副業、フリーランス、スキルアップ、マーケティングの事など役立つ情報を発信。 デジタルマーケティングやWeb制作分野で個人から企業まで集客サポートを行なっています。

シェアする