ベトナムで副業して稼ぐ方法おすすめ4選

ベトナムで副業して稼ぐ方法まとめ4選

ベトナムで働く若手ビジネスマンの皆さまこんにちは。

皆さんは今の収入に満足していますか?

ベトナム現地採用者の給与レンジは若い方で1,500〜2,500USD前後くらいが相場です。

物価の安いベトナムとはいえ、もう少し収入が増えたらなあ…と考えている人も多いのではないでしょうか?

またベトナムは一般的に残業時間も少なく自由時間を確保しやすい反面、娯楽が少ないので、空いた時間を持て余している人もいます。

せっかくなのでその空き時間を活かして副収入を得てみるというのはどうでしょうか? 給料+αの収入を確保できれば、一層充実した海外生活を実現できますよね。

そこで今回は、ベトナムならではの土地の利点や海外在住者のスキルを活かせて比較的誰でも始めやすい、おすすめの副業を4つ紹介します。

副業をすることで本業以外の知識やスキルも積み上がり、生涯役に立つ自己投資としても非常に有益です。

そして今はコロナの影響もあり容易にリモートワークができるようになりました。

せっかくのこのチャンスを活かしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ブログ運用で副業する

1つ目に紹介するのは、ブログでアフィリエイトやアドセンスなどの広告収入を得る方法です。

ブログは収益化まで根気強く記事を書き続ける努力が必要ですが、軌道に乗ると月3〜5万円程度であれば比較的誰でも自動的に入ってくる仕組みを構築できるので、とてもおすすめです。

実際に僕もベトナムでこのブログ開設し、今も運用を続けています。

また、ベトナムでのブログ運用することは広告収入の他にも、さまざまな価値があります。

【ブログ運用をおすすめする理由】

・情報の価値が高い
ベトナムに住んでいるというだけで日本に住んでいる人から見れば、あなたは特別です。日本からでは知ることのできない貴重な現地の情報を持っている訳なので、あなたが自身のブログでベトナムのリアルな生活情報や観光情報などを発信をすれば、それを求めている人はたくさんいるはずです。

・ライティングのスキルがアップする
文章を書き続けることで、ライティング力が間違いなく上がります。それに伴い、本業でのメール文章や提案資料、社内外コミュニケーションの質も向上し、相手に物事を伝える力が身につきます。

また本業以外でも、ライティング実績ができると次に紹介するクラウドソーシングサービスなどでライティングの仕事を始めやすくなるでしょう。

・マーケティングの知識が身に付く
読み手が読みやすく、理解して、行動を促す文章を構成するのは実はかなりスキルが必要です。

相手の心を動かすためには、マーケティング思考をベースにした文章の構成ロジックをしっかり理解して反映する必要があります。これは文章だけではなく、営業トークや提案資料など普段の会社の業務にも応用できるロジックです。

ブログを継続的に運用する中で、そういったマーケティングやロジカルシンキングの知識も身につくことも大きなメリットの1つです。

・周囲からの信頼度が上がる
営業職などいろいろな人に対面する機会の多い方にとっては、ブログで情報発信しているだけであなたの認知度は上がり、また人柄や考え方などを知ってもらえるので、仕事がしやすくなります。

特にベトナムでは狭い日本人コミュニティの中で仕事をするので、ブログをやっているだけで会話のトピックが生まれ、コミュニケーションの円滑化にも寄与するでしょう。

一方でブログを運用にはデメリットのあるので紹介しておきます。

【ブログ運用のデメリット】
・最低限のIT知識が必要
・ライティングに慣れるまで時間がかかる。
・収益を得られるまでに時間がかかるので根気強く続ける精神が必要。

人によっては最初の壁が少々高く感じるかもしれませんが、それを乗り越えた時に自分に残る知識やスキルは大きなものがあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

エックスサーバーというレンタルサーバーサービスを利用して、初心者でも簡単にワードプレスのブログを開設する手順を別記事にまとめているのでぜひ参考してみて下さい。

クラウドソーシングサービスを使って副業する

ブログを運用することでライティグスキルが身につくことは前章で書きましたが、ライティングができるようになると、クラウドソーシングサービスで仕事を獲得できるようになります。

最初のうちは、単価の安い仕事しか受注できない可能がありますが実績を積み上げていくうちに、1文字あたりの単価が上がっていき、1記事で5,000〜10,000円稼げる可能性も十分にあります。

お金を稼ぎながらスキルアップも見込めるので、まずは一度チャレンジしてみるのも良いと思います。

いきなりお客さんから受注するのはちょっと重たい、、という方は、まずは自身のブログから始めてみてはいかがでしょうか。

また、ベトナムに住んでいる人を含め海外在住歴の長い方は英語が得意な場合が多いです。その英語スキルを活かして翻訳の仕事も獲得するのもよいでしょう。

海外に住んでいるからこそ身についたスキルやノウハウを活かして、クラウドソーシングの仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?一度無料のユーザー登録してどんな自分にできる仕事があるか見てみるだけでも、良いきっかけになるかもしれません。

最近では、大手のクラウドソーシングサービス以外にもどんどん新しいサービスが出てきているので紹介しておきます。

●クラウドソーシング「ランサーズ」
●お仕事の種類は246種類!リモート副業ならクラウドワークス
●営業系の副業支援サイト|side bizz(サイドビズ)
●日本最大級クラウドソーシング クラウディア

また、ITスキルを身につけておくと完全リモートの副業でも単価が上がり有利になります。副業で稼ぎやすくなる3つのITスキルを別記事で紹介しているので、参考にしてみてください。
[未経験者向け]副業で楽に稼ぐために学ぶべき3つのITスキル

ココナラやロコタビなどを使って調査やガイド、買い物代行など現地の利を活かした副業する

ココナラやロコタビは、自分のノウハウやスキルを自由に売買できるプラットフォームです。

ここでは自分のスキルを自由にサービス化して出品できるので、「ベトナムの現地市場調査」や、「観光ガイド」、「ベトナム語翻訳(ベトナム人の知人に協力してもらう)」の仕事など、自分が提供できるスキルやサービスを販売して稼ぐことができます。

これらのプラットフォームは非常に使いやすく設計されており、アカウント登録から出品者のサービス登録まで簡単に行えます。

【サービス出品の流れ】
・アカウント登録をする(出品者は無料)
・提供できるサービスを登録する
・問い合わせがきたら直接連絡をとりサービスを提供する。

決済はどれも各プラットフォームのサービス側で代行してもらえるので、売上金は各プラットフォームのサービス利用料を差し引いた上で、管理画面から振込先の銀行に送金する形になります。

●知識・スキル・経験を売り買いできるオンラインマーケット 「ココナラ」
●ロコタビ(ベトナム版)


飲食店などでアルバイトする

日本人街にある日本人経営のバーやレストランなどの飲食店で時々アルバイトをしている方を見かけます。

知り合いのツテなどで誰でも簡単にできるメリットがありますが、夜遅くまで時間が拘束されてしまうことと時給もさほど高くない傾向がある上、スキルの販売というより単純な時間の切り売りになってしまうので、個人的にはあまりやろうとは思いません。

仮想通貨投資で副業する

2021年に入り価格が高騰しバブルと言われている仮想通貨への少額投資も面白いと思っています。

仮想通貨は日々の価格変動が大きいというリスクはありますが、長期的に見れば成長性の高い投資と考えられますし、ビットコインは2028年までに数千万円から1億円程度まで価格が上昇するとも言われています。

ですので、無理のない範囲で少しずつでも、信頼できるビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資をしていく選択はありだと思っています。

一方でコインチェックなどの日本の仮想通貨取引所は、日本国外からの新規の口座開設ができません。

ですがバイナンスなら、海外(本社がマルタ)の取引所なので日本のサービスと異なり利用制限がありません。ですのでベトナムに住んでいても誰でも簡単にアカウントが作成できます。

そしてバイナンスは仮想通貨の貸し出しなどさまざまなサービスがあるので、仮想通貨を預けて利息を得ることも可能です。

半年〜1年分程度の生活防衛資金をしっかり確保できている人なら、余剰資金で時間をかけて少しずつ投資するのは面白いと思います。

ちなみに僕は日本にいる2017年から仮想通貨をコツコツと毎月5,000円〜1万円くらいを買い足して、現在は原資の5〜6倍程度まで含み益が出ています。

バイナンスは現時点で日本円の入出金が直接できないため、仮想通貨の購入はクレジットカートを利用し、出金は一度コインチェックビットフライヤーなど日本の取引所に送金してから日本の銀行に出金する形になります。

バイナンスのアカウント作成方法やコインの購入方法を別記事で紹介しているので参考にしてみてください。

【関連記事1】ベトナムで仮想通貨取引をする【その1】バイナンスの口座開設方法
【関連記事2】ベトナムで仮想通貨取引をする【その2】カードで仮想通貨を購入する

株式投資や投資信託はどうなのか?

日本の非居住者が海外から日本の証券口座で売買することは認められていません。

ベトナムでは十分に貯蓄を増やしておいて、日本に帰国したら存分に株式投資を行うことをお勧めします。

(投資は生活に支障のない余剰資金で無理なく行うことを強くお勧めします)

注意点

ベトナムに年間183日以上滞在している方はベトナム居住者の扱いとなり、日本を含めた全世界所得が課税の対象となります。日本から得た収入に対する税金は確定申告で調整ができるようです。税金のことはあまり詳しくないのでここで詳しいことは書けません。ご容赦ください。
国を跨いだ税制はかなり煩雑なので、納税の詳しいことは会計事務所等の専門家に一度相談してみることをおすすめします。

●参考:外国税額控除制度について(マネーフォワードの外部サイト)

また、当然ですが本業がおそろかになると、そもそもベトナムに何しに来たの?となるので注意しましょう。

まとめ

今回はベトナムに住んでいることを武器にしたおすすめ副業を4つ紹介しましたがいかがだったでしょうか?

冒頭でも書きましたがベトナムは娯楽が少なく、時間を持て余している人も少なくありません。

YoutubeやNetflix、日々飲み会で時間を浪費することも悪くありませんが、空いた時間の半分でもスキルと知識の習得に費やせば今後他の国に移住する時、日本に帰国した時など将来的に必ず自分の人生にプラスに働きかけます。

まずは無理のない範囲で小さく新しいことを始めてみてはいかがでしょうか?

また、別記事で身につけておくと副業で稼ぎやすくなるスキルをご紹介しています。

オンラインで学ぶことができればベトナムに住んでいてもスキルを習得できるのでまずは稼ぐためのスキルを身につけなければ、、、という方はこちらも参考にしてみてください。

今後ベトナムに転職したいと考えている方向けに、海外転職に強い転職エージェントも紹介しておきます。こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

DODA(パーソルキャリア)
JACリクルートメント
リクルートエージェント
グローバル・外資系・ハイクラスの転職支援サービス|Samurai Job

元ベトナム在住のフリーランサー。石川県出身。 約10年東京にある複数の事業会社でWeb制作やデジタルマーケティングの仕事に携わり2018年ベトナムに移住。ホーチミンの日系企業にてWeb制作やデジタルマーケティングおよびプロモーション戦略コンサルティングに約3年間従事した後に独立。 現在はこのブログで海外で働くこと・海外移住、副業、フリーランス、スキルアップ、マーケティングの事など役立つ情報を発信。 デジタルマーケティングやWeb制作分野で個人から企業まで集客サポートを行なっています。

シェアする